リフテストつぶ プロテオグリカン配合サプリメント

リフティングアミノがリニューアルしてリフテストつぶとして登場!

40代になってくると気になってくるのが顔のたるみ。なんとなく顔全体がゆるんできてしまりのない顔になってきていると感じる方も多いと思います。その原因の1つに顔の筋肉のゆるみがあります。

 

フラコラの3大若返りサプリには「プラセンタつぶ5000」「活性ナノコラーゲンつぶ」「リフティングアミノ」がありますが、その中の1つ「リフティングアミノ」は顔のたるみの土台の筋肉に働きかけるアミノ酸配合サプリメントです。
そのリフティングアミノがこのたびリニューアルして「リフテストつぶ」として新登場しました。

 

 

リフテストつぶはリニューアル前のリフティングアミノに配合されていた筋肉をサポートするアミノ酸成分「HBM」に加えて、最近話題のリフト成分「プロテオグリカン」が新配合されました。

 

 

プロテオグリカンは今1番注目の成分なので今回のリニューアルはかなりうれしい!

 

プロテオグリカンで注目されるのはその保湿力。その保湿力はヒアルロン酸を軽く超え、保湿効果はヒアルロン酸の130%とも言われています。

 

 

さらに注目される理由はそれだけではありません。プロテオグリカンにはコラーゲンとヒアルロン酸の産生をサポートするEGFに似た作用もあります。
そのため、ハリ、ツヤなどたるみ対策にもうれしい効果が期待できる成分なのです。

 

リフティングアミノはもともと気になる「たるみ」にアプローチするアミノ酸成分「HBM」配合のサプリメントでお肌の筋肉の元となるアミノ酸を摂取して、土台から整えていこうというものです。
私はその発想がすごく好きで、疲れやお手入れ不足でたるんできたな〜という時には摂取するようにしていました。

 

HBMというのはあまり聞き慣れない成分かもしれませんが、筋肉のエネルギー減になり筋肉を鍛えるサポートとなる成分です。

 

このHMBに今回リニューアルしてプロテオグリカンを配合したことで、よりハリのある上向きの肌を目指していきます。

 

今回リニューアルによってかなり変更点もあります。

HBMは従来の1200rから600rに。
従来どおり1200r摂りたい場合は飲む量を1日6粒に増やすといいそうです。

 

他にもオルニチン、BCAAなどのアミノ酸量は少なくなっていますが、
その分プロテオグリカンが入ったことでまた違ったアプローチでたるみ対策ができます。

 

そのあたりの効果の違いは今後飲み続けてみて、ということになりそうですが、
プロテオグリカンの効果を非常に感じている私としては期待は高まります。

 

リフテストつぶにはさらに高級美容成分として知られるツバメの巣も配合。

 

さらに、以前は1日9粒飲まなくてはならなかったのですが、リニューアルして1日3粒でOKに。
9粒飲むのって意外と大変だったのですが、3粒でよくなって便利に。

 

リフテストつぶは顔筋体操など筋肉を鍛えてお肌の土台から整えていくもの。だから表面を整えるだけのものとは違って筋肉から鍛えていこうという発想なので、根本的なたるみの解消が期待できるんです!

 

そのためにはしっかり顔を動かしたりと大賞の努力は必要ですが、私も以前から顔筋体操だけは欠かさず続けています。
たまに数週間さぼってしまったりすると違いは歴然としていますよ。

 

今までのリフティングアミノも大好きなサプリメントの1つでしたので、早速今回リニューアルしたリフテストつぶも購入してみました。

 

 

今ならお試しで45粒入り15日分980円が最大3袋まで購入できますよ。

 

顔筋体操+リフテストつぶでたるみのない顔をめざしていきたいですね。

 

>>リフテストつぶお試しはこちら

↓プラセンタつぶ5000お試し1袋980円はこちら↓