豚プラセンタの特徴とおすすめサプリ 安全性・危険性・副作用は?

豚プラセンタの特徴

さまざまな栄養素を含むプラセンタは、基礎化粧品やサプリメントなどあらゆる美容アイテムや健康食品に配合されています。
プラセンタは原料となる動物によって種類がありますが、その一つが豚プラセンタです。

 

フラコラのプラセンタも豚のプラセンタを原材料に使用しています。

 

名前の通り、豚の胎盤を原料にした豚プラセンタは、プラセンタの中でももっとも多く使われています。
豚が出産したときに出てくる胎盤を洗浄し、加水分解や酵素分解をした後、ろ過したり減菌したりする工程を経て豚プラセンタが出来上がります。

 

豚プラセンタが多用される理由はとてもシンプルで、原価が安いからです。
というのも、豚は1度の出産で5頭から6頭ほど赤ちゃんを生むので、繁殖率が高い哺乳類になります。
繁殖率が高ければ、その分出産する豚の数も多くなり、原料となる胎盤もたくさん排出されます。
また、豚は他の哺乳類ほどストレスを溜め込まない性質を持っているので、多頭飼育をしても問題がなく飼育しやすいことから、必然的に原価が安くなるのです。

 

もちろん、安いからと言って品質が劣るというものではありません。美容や健康に効果のある成長因子はきちんと含まれていますし、アミノ酸やタンパク質、ビタミン、ミネラルも含まれています。プラセンタが初めての方や毎日続けたいという方には安価で品質も安定している豚プラセンタは始めやすいと言えるでしょう。

 

ただ、多頭出産をするため胎盤に含まれる栄養価は馬などよりも低いと言われます。
馬より低いのは、こういった栄養素の含有量なので、必要摂取量を摂っていればしっかり効果を得られるでしょう。

豚プラセンタの副作用と安全性

豚というと副作用が心配という方も多いようですが、豚プラセンタのサプリメントを摂取して重篤な副作用が出た、という報告は未だにないので神経質になる必要はありません。
安全性に関しても、プラセンタを抽出する過程で熱処理が行われていて、微生物や残留農薬のチェックが行われているものであれば問題ないでしょう。
ただし、海外製の豚プラセンタサプリメントは製造方法が異なりますし、サプリメントの安全基準も違うので、安全なサプリメントを求めるのであれば国産のものがおすすめです。

 

厳重な販売基準を設けている国産豚プラセンタ
豚のプラセンタには、とても厳しい国内基準が設定されており、これをクリアしていないメーカーは販売許可が降りません。
豚に関しても徹底した健康管理と衛生管理の下、感染症の有無など様々な検査を何度も行い安全性を維持しています。
特にSPFプラセンタと呼ばれる製品は、日本SPF豚協会が認定する農場で作られていて、豚プラセンタの中では最も高い安全性を持つ商品です。
少し高値での販売とはなりますが、変化が早くて効果も期待しやすくなるプラセンタだと言えます。
このように国内で販売されている豚プラセンタは厳重な販売基準を設けていため、安全性が高く安心して使うことができると言えるでしょう。

 

ここでは様々なメーカーから販売されている豚プラセンタサプリメントをご紹介していきたいと思います。

豚プラセンタの特徴とおすすめサプリ 安全性・危険性・副作用は?記事一覧

高濃度プラセンタ100コアの口コミ お試し500円を体験

豚プラセンタを贅沢に配合したのが「高濃度プラセンタ100コア」です。プラセンタを飲んでも実感があまりないという方は濃度が足りていないのかもしれません。同じサプリメントを飲んでも少量で実感でき人もいれば、規定量飲んでも実感がないという人もいます。プラセンタの実感は実は濃度によるところが大きい部分があり...

≫続きを読む

 

↓プラセンタつぶ5000お試し1袋980円はこちら↓